あさの畑

理系大学生、自由気ままに雑記ブログを栽培中

走ることの楽しさ。それは「生きる。」を感じること

スポンサードリンク

走ること。

僕の最大の趣味です。

 

やりたいことの中にも、走ることに関連しているものがけっこうありますね(笑)

やりたいこと100個もあるのか?いや、きっともっとある! - あさの畑

 

 

いまは大学生市民ランナーとしてたまに走っています!

そして京都マラソンを2年連続で走りました!

 

今年は他にもいろんなマラソンを走ってみたいなと思っています!

できれば100kmの大会にも出てみたい。。。(実は2017年の歴史街道丹後100kmウルトラマラソンにエントリーしてたんですけど台風で中止に、、、)

 

もう走ることは日常の一部なのかもしれないですね。

 

 

よく「マラソンって何が楽しいん??」って聞かれるけど、

それは一度自分で走ってみないとわからないと思います。

だから「一度マラソン走ってみて!!」って答えるようにしています。

 

 

僕は中学・高校では陸上部で長距離をしていました。全然速くなかったし、いい結果も出せなかったけど、なぜか走ることは好きでした。たぶん…。

 

大学に入っても走ろうとは思っていました。

でも、そんなに速くないし、陸上部に入ったら練習についていくだけでしんどそうだったので部活には入らないことにして、ランニングサークルに入ってみました。

 

それが、サークルはちょっとゆるすぎた…。

ほんと自分勝手やな、とは思ったけど、なんか合わなかったので一年でやめました。

みんなで走るのも楽しいけど、ひとりで走ったほうが時間もうまく使えるし、好きなコースを好きなだけ走れるので僕にはそのほうがあってるかなーと思って。。。

 

 

市民ランナーとしてひとりで走るようになって、なんで走ることが好きなのかちょっとわかったような気がします。

 

走りたくなかったら走らなくていいし、走りたかったら走ったらいい。

走っても走るのをやめても、誰にも影響はないし自分次第。

僕の自由。

 

でも忙しくて走れない期間が続けば、どうしても走りたくなっちゃうんですよね、、、

不思議なことに、、、

 

これは、間違いなく走ることが好きだな、と気づきました!

 

よく「長い距離を走り終わったあとの達成感が好き」なので走ることが好きです!と言われるランナーの方がおられますが、僕は少し違います。

 

マラソンを完走したときの達成感は最高!

風をきって走ってる時の爽快感もいい!

だけど、一番の理由ではないです。

 

では一番の理由とは、、、

 

走って、走って、少しづつ自分の中からいろいろなものがそぎ落とされていく。

走るほどエネルギーが枯渇していって体が軽くなるっていうのもあるけど、それと同時に心も軽くなっていく。

いろんな悩みとか余計な考えとかがどんどんなくなっていく。

最後は何も考えられなくなる。

ただ「生きている」だけ。

ただ「息をしている」だけ。

この喜びがたまらない。

 

 

日常生活を送っていて「生きてる!」って感じることってほとんどない。

この全てを出し尽くしたあとの「生きてる!」って感じが好きだから、走るのをやめられないんです。

 

つまり、

 

距離が長くなればなるほど、

スピードが速くなればなるほど、

きついコースであればあるほど、

 

楽しい!!!

 

 

共感してくれるランナーの方いるかな、、、??

 

弱虫ペダルの真波くんが自転車が好きな理由と同じです(笑)

だから初めて弱虫ペダルを見たときは本当にびっくりしました!

 

 

僕はちょっと変わっているのかもしれないです…

 

 

本当に「走る理由」って人それぞれだと思います。

「マラソンの何が楽しいか」も人によって全然違うと思います。

 

でも、それでいい。いろんな理由があっていい。

「走る」ってめっちゃ単純やけど、奥が深いなあと改めて感じました。